google-site-verification=3CoA79hXgbxBEROU4Wh7IrJqyrqNsrCzCNZnEO5SHKg

知りたいことが知れるブログ

ガジェットからアウトドア、ニュースまで全て知れる!そんなブログ

旧式iMacでサイドカーは使えるのか?

皆さんこんにちは

 

今回はSidecarについてです。

 

Sidecarて何よ?

 

最近のモデルのiMacMacBookを使っている人なら知っていると思いますが

iPadの画面をパソコンの二つ目のモニター画面として使用することができる機能です。

 

f:id:MameQ:20210211085907p:plain

こんなやつですね。

 

これって

f:id:MameQ:20210211090004p:plain

ここに書いてある通り割と最近のパソコンでしか使用できないようなってるんです

実はこれってアップルの方でつかえないようにしてるんですw

 

 

最初にapp StoreからXcodeをインストールしてから

 

まずはSIPを無効にしてください。

 

ここで は??ってなった人安心してください

改造できなくするソフトの保護機能みたいなもんです。

 

⌘キー(コマンド)とRを押しながら起動して

ディスクユーティリティでメニューバーのユーティリティからターミナルを起動してください。

 

コマンドの入力画面になったら

csrutil disable

と入力しましょう(この時上の文字の様に一つスペースを入れると認識します)

無効化したら再び再起動してください。

 

https://github.com/pookjw/SidecarPatcher/archive/master.zip

再起動したら↑このリンクからSidecarを有効にするパッチをダウンロードしましょう。

 

次にダウンロードしたSidecarのファイルをUSBか何かにコピーしておいてください。

(別に後から消しても大丈夫ですが消えた時面倒なので入れておいて損はないかも)

 

次に起動した状態で、ターミナルを起動して

sudo swift

と入力します。

swiftの後にはスペースを一つ入れておきましょう。

そこに先ほどのダウンロードしたパッチを開いてフォルダ内の

main.swift という名のファイルをドラッグアンドドロップしてエンターキーを押しましょう。

 

パスワードの入力を求められたら入力して下さい。

インストールする画面に萎える場合はインストールし

何もなくても先ほどの

sudo swift

を入力してエンターキー

これで終わりです。

 

終わったらMacを再起動して確認してみましょう。

 

Wi-FiBluetoothをオンにして

画面の上にあるAirPlayのマーク(テレビみたいなマーク)を押して

iPadが表示されたらもう使えます。

最初にiPadの方で信頼しますか?の

パスコードの入力が初回は求められるので入力してください。

 

どうでしょうか?多少がしつはガビゴビに荒いと思いますが、それでも使えるはずです。

(おそらくiPad側とパソコン側のリフレッシュレートの問題や互換性の問題でしょう)

 

また、Mac側のシステム環境設定から下の方にSidecarの欄が追加されていることが

確認できたら完了です。

 

セキュリティのためにsipをもう一度有効にするときにSidecarがなくならないかのチェックもしましょう。

 

また有効にするときはcsrutil enable  と入力して再起動してください。

 

 

以上で旧型のMacでSidecarを使うための手順でした。