google-site-verification=3CoA79hXgbxBEROU4Wh7IrJqyrqNsrCzCNZnEO5SHKg

知りたいことが知れるブログ

ガジェットからアウトドア、ニュースまで全て知れる!そんなブログ

キャリーにもなる最強のバックパック。

どうも皆さん

 

数々のバックパックを試してきた私ですが、また沼にハマったようです。w

 

本当はレザーの見た目がいいのにしようと思っていたのですが

やっぱり実用的なのがいいけど重いのはちょっと気が引ける。

 

そんな時面白いバックパックを発見しました!

 

 ビクトリノックス

f:id:MameQ:20210527041401j:plain

マルチツールが有名な ビクトリノックスですが、カバンも作ってたんですね。

f:id:MameQ:20210527041450j:plain

前面のファスナーを開けるとなかなかの実用性。

これならマウスなどの周辺機器をガジェットポーチに入れる手間が省けていいかも?

 

パソコンなんかを入れると重さが結構方にくるし疲れるんですよね。

 

でもこのバックパック実は下部にあるカバーを外すとタイヤが出現!

f:id:MameQ:20210527041554j:plain

重い時などはキャリーバックとして転がすことができてかなり使いやすい!

f:id:MameQ:20210527041757j:plain

横から見たスタイルもそこまで大きくなく

背負った時に大袈裟に見えないギリギリのサイズ感。

(結構ここは大切なポイント)

 

 

 

 

主な特徴

  • バックパックはトロリーにもなり、ねじり手の付いたカーブドモノポールハンドル、スムーズに動く2輪のインラインスケート・ホイール、3ダイヤル・コンビネーションロックを装備
  • 充電器、コード、USB、ペンなどを収納できる取り外し可能な必需品オーガナイザーは、出し入れしやすい場所にあり、バッグなしでも独立して利用できるコンパクトな三つ折りデザイン
  • エレガントで耐久性に優れたバリスティック織りポリエステルのファブリック
商品番号 606634
サイズ 22 x 32 x 47 cm
容量 20 l
重量 2.3 kg

 

重量こそ普通のバックパックより重いのは確かですが

それでも肩の部分がしっかりしているので、そこまで大きなアドバンテージではない。

 

f:id:MameQ:20210527042236j:plain

メインのポケットは十分すぎるスペース。

横にはパソコンの電源ケーブルや水筒、傘など様々なツールが入るポケットもあります。

タブレットとパソコンを入れるスペースもしっかりしていて

メインのポケットには

↓こうゆうタイプのビジネスプリンターも入りそうですね。

 

f:id:MameQ:20210527042638j:plain

タイヤの部分はこうしてカバーで隠せるので洋服が汚れたりする心配がありません。

 

本体の強度もあり、容量も充実している。シンプルで飽きないデザイン

飛行機に持ち込めるサイズでキャリーにもなる。

そんな最強のバックパックを持ってみてはいかがでしょうか!

 

 

ではまた!

f:id:MameQ:20210527042944j:plain

揺るぎない確かな伝統、スイスならではの精密さへの真摯な取り組み、そして常に品質と革新を追求する姿勢。それがビクトリノックスのビジネスの基盤です。誠実さと、家族の間に共有された価値観から出発したビクトリノックスは、今日では世界10ヵ国以上で事業を展開しています。1897年にカール・エルズナーによって制作されたオリジナル・マルチツールには、ビクトリノックスのエッセンスが詰まっています。確かな目標に向かって、全世界を舞台に果敢に開拓を続けるビクトリノックス・ブランドは現在、5つの商品カテゴリー、すなわちマルチツール、キッチンナイフ、ウォッチ、トラベル&ビジネスギア、フレグランスから構成されています。