google-site-verification=3CoA79hXgbxBEROU4Wh7IrJqyrqNsrCzCNZnEO5SHKg

知りたいことが知れるブログ

ガジェットからアウトドア、ニュースまで全て知れる!そんなブログ

新型iMacのデメリットを実機を触って実感してきた。

f:id:MameQ:20210528190035j:plain

今日、少し遅いですがようやく実機を触る機会があったので

簡単に触った印象を書いてみたいと思います!

 

 

前面が全てガラス

これはじっくり見てみるとまず、正面に馴染みのアップルマークがなくて

一瞬Windowsマシンのような印象を受けましたw

ただ前面が全てガラスになって美しさがより引き立っている。

イメージ画像で見るより実物を見る方が、その美しさをしっかり感じられると思います。

 

ですが、その反面大きくなったiPad Proのような

既に見たことのあるデザインと否めないウインドウズマシン感が少し残念。

 

f:id:MameQ:20210528190606j:plain

背面はすっきりしていますが、正直入力端子が少なすぎて、ドングルをつけないと

拡張性は皆無。

これはタイプCとタイプAの混在かSDスロットくらいは欲しかったですね。

さらには背面の排気口がなくなり、大きなアップルマークが

なんだかステッカーを貼ったかのような安っぽさ。

これは正直個人差があるので一概には言えませんが、今までのデザインは

どことなく高級感と高揚感を感じるデザインだったのでここも残念な気持ちになりました。

 

本体の重量が軽い からこそのデメリット

本体の重量が軽くなったのはiMacでは全く恩恵はないと思います。

とある方が簡単に移動できるから良い

なんて言ってましたが、そんなに自宅に固定型として置くPCを

ノートパソコン感覚で使う人っていますか?

 

どうしても、iMacを持ち運ばないといけない機会があるのであれば

その恩恵は受けれますが、あまり多くはないと思います。

 

では、何がデメリットなのよ?って話ですが

画面の角度を変えたいときや、ケーブルの抜き差しをするだけで

本体がめちゃ動きます。

 

これ本当にストレス溜まるんですよね。

ここまで軽いと裏に何か滑り止めでも敷かないと動きすぎてとてもじゃないけど

実用的とは言えません。

 

f:id:MameQ:20210528191527j:plain

裏に指紋がすごいつく。

 

どうせ裏側は見ないから良いじゃんと思うのならもはや巨大なアップルマークも

不必要なわけで。

 

ちなみに入力端子はタイプCが4つですが、うち2つはサンダーボルト対応です。

 

f:id:MameQ:20210528191824j:plain

 

このスタンドもどこかで既に見たと思ったら

これですね↓

 

裏の電源ポートがMagSafeになったのは楽になって良いですね。

たまに掃除する時に抜くときとかあるじゃないですか?

そんな時や猫とかが足引っかけても簡単に抜けるから安心で便利だとは思います。

 

マックブックと違って電源即落ちなので作業中だと地獄ですが、、。

 

 

スピーカーの音質がiPad並み

もうこれは薄型になったのと背面に排気口がないこと

そしてスピーカーの構造自体がそもそも違うので仕方ないですが

とにかくiMacで映画を見るには外部スピーカーを繋いで観る事を推奨します。

 

新型iMac

f:id:MameQ:20210528192606j:plain

これが新型iMacX線画像ですが、下の方にある黒い楕円形の形のものがスピーカー

左右に2つずつあり、全部で4つ搭載されるスピーカーです。

次に旧型のiMacの内部画

 

旧型iMac Pro

 

f:id:MameQ:20210528192803j:plain

 

左右にAirPodsのような形をした黒い筒がありますが

ここの上部にスピーカーが左右で1つづつ見えますね。

スピーカー自体の大きさはもちろん、配置されている位置も全然違います。

 

旧モデルのiMac Proに搭載されていたあのスピーカーは本当に感動する音質でした。

私は以前から音楽をやっており、楽曲の制作でも使っていたので

この変化にはがっかりでした。

 

外部スピーカーを繋げれば良いって話なのかな?

机の上をすっきりさせることは、今回のiMacでは難しそうです。

 

 

キーボードについたtouch IDはぶっちゃけそこまでいらない。

 

むしろ面倒だと思ってしまったのはただ単に私が面倒くさがりなだけでしょうか?

実際、MacBook Proも使っていて、タッチID搭載なので、使うシーンは多いですが

あったら便利かな?くらいなので、なくても全然いけます。

(キーボードも角が取れてポップになりました)

 

 

そんな新しくなったiMacですが、もちろんM1チップのパワーを感じられる

最強のスペックで

24インチのちょうど良いサイズ感から得られる解像度の高さと

没入感はさすがなものです。

 

デザインもポップでお部屋のコーディネートにも合わせやすくて

オシャレなiMac

なんとなく女子受けの良さそうなデザインだな

そんな印象も見受けられました。

 

新しくなったiMacとして受け入れるのなら全然ありなので

個人の好みで決めるのが一番良いと思います。

 

 

ではまた!