google-site-verification=3CoA79hXgbxBEROU4Wh7IrJqyrqNsrCzCNZnEO5SHKg

知りたいことが知れるブログ

ガジェットからアウトドア、ニュースまで全て知れる!そんなブログ

アップルのSiriがサードパーティースマートホームに対応する様になる。

先日、WWDC2021が開催されました。

 

噂では16インチ MacBook Proの新型が発表されるなんて

噂でしたが実際は発表されずに終わり

愕然とした人も多い様ですが、

実はコロナの影響でミニLEDが調達できなかった事が原因なのではないかと

これもまた噂されています。

 

f:id:MameQ:20210611002821p:plain

そんなWWDC2021でしたが、もちろん魅力的なアップデートの中に

Siriがサードパーティー製のスマートホームに対応するとの話がされていました。

つまりSiriでアレクサ対応端末などを管理、操作できる様になるとのことで

今まではスイッチボットなどを挟んで、Siriに命令を出すと反応するという

動作にも不安定さが残るし、少し手間取るやり方でしたが

これからは違う様です。

f:id:MameQ:20210611003038p:plain



帰ってからAlexa電気つけて

ではなくApple Watchに電気つけてと言うだけで自宅の電気をつけられる。

小さい事ですがこれが意外と便利で大きな変化。

 

f:id:MameQ:20210611003021j:plain

Apple Watchユーザーは、

スマートウォッチをスマートホームのセキュリティコントローラーとして使用できるようになります。それだけでなく、HomeKit対応のライブセキュリティカメラの映像を

音声コマンドで呼び出すこともできます。玄関に荷物があれば、

Aple Watchが知らせてくれるのです。

また、iPhoneApple Watchを対応するスマートロックと連動するように

プログラムできます。さらに自宅にメッセージをブロードキャストする必要がある場合は、Apple Watchを使って接続されているHomePodスピーカーに音声でアナウンス送れます。

 

ガレージがある方はシャッターをAppleWatchで開けられるなどの恩恵もうける事ができて

今までの様にリモコンであったり、車のスイッチを操作する必要がなくなるので

とても便利ですね。

 

Siriがアップル製品以外のホームデバイスを操作できるようになり、スマートホーム規格「Matter」をサポートすることで、年末に向けてHomeKit対応デバイスが続々と登場する見込みです。