google-site-verification=3CoA79hXgbxBEROU4Wh7IrJqyrqNsrCzCNZnEO5SHKg

知りたいことが知れるブログ

ガジェットからアウトドア、ニュースまで全て知れる!そんなブログ

MacではWindows11は動かせない。

IEからEdgeへ移行

Windows 11の標準ブラウザは、ChromiumベースのMicrosoft Edgeだ。Windows 11は、年内に正式リリース予定。Internet Explorer2022年6月15日に終了すると発表されているが、Windows 11には最初からインストールされていない

Internet Explorerが用意されていないWindowsは実に20年ぶり。The Vergeによると、使用していたMSHTMLエンジンは、Microsoft EdgeのIEモード用にWindows 11内には残されるという。

 

 

MacではWindows11は使用できない?

私のインテルCPU iMacでもブートキャンプを使用して

Windowsを使っていますが、Windows 11は無料アップデートとして配布される

ハードウェア要件は 

Windows 10から引き上げ。1GHz以上で2コア以上の64ビット互換プロセッサ、4GB以上のRAM、64GB以上のストレージ、DirectX 12以上のGPU、9インチ以上かつ8ビットカラーの高解像度を持つディスプレイのほか、TPM 2.0のサポートが条件

 

TPM 2.0は、Trusted Platform Module(トラステッド・プラットフォーム・モジュール)を意味する。ハードウェアベースのセキュリティ関連機能の提供に使用され、TPMチップが内蔵されたコンピューターは、悪意のあるソフトウェアによる改ざんを防げるという。MacでいうSecure Enclaveに近い役割を担う。

AppleInsiderによると、以下のモデル以降に発表されたIntel Macであれば、搭載CPUにTPM 2.0テクノロジーが内蔵されているが公式にはサポートしていないという。

Appleは1年以内に、MacラインアップをIntelから自社製(Appleシリコン)に移行する。すでにサポートしていない技術を、廃止に向かうIntel Mac向けに対応する可能性は低いと、9to5Macは予測している。

実際にMacWindows 11をインストールすると、「このPCではWindows 11が実行できません」と警告される。Intel MacWindows 11を動作させる場合、現時点では仮想化アプリケーションの利用に限定されるだろう。

なおAppleシリコンMacは、仮想化アプリケーションを使用してもWindows 11を動作させることができない。