google-site-verification=3CoA79hXgbxBEROU4Wh7IrJqyrqNsrCzCNZnEO5SHKg

知りたいことが知れるブログ

ガジェットからアウトドア、ニュースまで全て知れる!そんなブログ

ゲーム配信に必要なアイテム

皆さんはゲームをプレイするのは好きですか?

もし好きならそれをYouTubeなどで他の人に見てもらうのも

また違った楽しみがあるかもしれません。

 

そこで今からゲーム配信を始めようという方に

これは必要!というアイテムをいくつか紹介していきます!

 

まずは基本のマイクから!

パソコンにさせるUSBマイク

スマホiPadなどにさせるタイプCマイク

マイクと言っても携帯につないで動画を取りながらある程度映像と音を

綺麗に撮れる直挿タイプのマイク。

電源も不要で無駄な配線も必要ないので、お手軽に録音録画ができます。

 

ただし実際にプレイしている画面でだけで、顔出ししないよ

って方にはあまり必要がないかもなので

その場合はパソコンなどにさせるUSBタイプのマイクを使いましょう。

 

古いゲームを実況したい!

そんな時にはキャプチャーボードが必要。

上のキャプチャーボードという機会は

例えばPS2PS3なんかは

PS5と違いゲーム配信機能などは付いていないので

このキャプチャーボードが必要ですね。

Wiiなんかで私も使ったことがありますが、基本的にHDMI出力ができれば

なんでもキャプチャーボードに繋いで録画することができるので

とても便利。

さらに付属のソフトを使うと編集や動画の微調整など本来なら別で購入しないと

いけないソフトが付属してくるのでお買い得です。

(無料でダウンロードできるソフトは作りが甘いのでお勧めしません。)

 

 

またOBSというゲーム実況者愛用のソフトが使える便利な

キャプチャーボードもあります。

 

 

プロっぽいのにこだわりたいなら

スイッチャー。

 

この一見なんだかわからない装置。

実はパソコンのショートカットキーと同じ役割で

私は録音する時によく使っていますね。

 

テレビ局の人や映画制作の際にも使われるので、これに慣れてしまうと

もうこれなしでは不便に感じるくらいです。

 

ちなみに、ライブ配信をする時に、カメラが複数ある場合などはこれで

カメラの切り替えなどもできます。

 

 

じゃあゲームの画面を録画するのはわかったけど

音とか綺麗に撮るにはどうしたらいいの?

 

そんな時にはオーディオインターフェイスを使うことで

自分のマイクの音声とゲーム音声を分けて録音することができます。

 

これには理由があり、ゲームの音声はキャプチャーソフトで

録画して音量のバランスなどを変えられますが

マイクの音量に関してはパソコンに挿しているとどうしても

パソコン側でしか処理できないので、ノイズが乗ったりするので

クリアに録音したい人にはお勧めしません。

 

現に録音する時にはボーカルをUSBマイクで録音するのではなく

オーディオインターフェイスを使ってマイクを別で繋いで録音しています。

 

それらがセットになっているのもあるので

初めての方にはこれが一番お得だと思います。

 

以上がざっと必要なものです。

 

ゲーム配信をする時には録画してやるのが必須。

もしライブ配信でやるならば、ミキシングをしながら配信しないといけないので

どうしても外付けの機会に頼らないといけません。

 

どんなにスペックが高くてもパソコン側で処理させるマイクなどは

ファンの動作ノイズや電源からのノイズを拾ってしまいます。

 

これからも配信系の記事を書いていきます。

 

次は自宅で楽器のレコーディング

ピアノを弾いてみた動画、ギターの弾いてみた動画

などの撮り方、必要な機材の紹介なんかも書いてみたいと思うので

是非またチェックしてみてください。

 

ブックマークに登録していただけると

最新のブログがいつでも通知で届きます!